豊かな食生活をお届する業務用食品のコーゲツです。

  1. ISO活動

Interview

現場のプロフェッショナルであれ。

株式会社コーゲツ
代表取締役社長 加 藤 和 彦

ー 本日のインタビューは株式会社コーゲツ 代表取締役 加藤社長です。本日は宜しくお願い致します。
はじめに社長のプロフィールを支障のない範囲で教えてください。
1970年6月生まれ、ふたご座、A型です。
ー ありがとうございます。まず、「株式会社コーゲツ」についていくつか聞かせてください。
「株式会社コーゲツ」とは主に何をしている会社なのでしょうか?
静岡県、山梨県を中心に学校給食や病院、シルバー施設の給食、スーパーの惣菜、仕出弁当、外食等の調理現場のお客様に幅広い食材を提供させて頂いている会社です。
ー 私たちの身近な暮らしの中に、大変密着している会社なのですね!
では、御社の社是に「革新する力」「継続する心」とありますが具体的に教えてください!
「革新する力」とは、自らが自発的に考え行動し、信念と情熱を持って取組む力を指します。従業員の皆さんはわが社の勤務する時間の中で、その大切な時間を使って頂いています。
日々の時間をただただ指示を待って作業をするのではなく、それぞれの現場のプロフェッショナルとして、自らが考え行動し、目的目標を完遂する信念と情熱を持って取り組んで行こうというものです。
「継続する心」とは、一度定めた目的目標に対し、達成するまでやり抜く、またやり切る心を持ち続けましょう!という事です。
先程申し上げましたが、信念と情熱を持って取り組む力を発揮しても、それが継続しなければ達成するまでに到達できません。
一人ひとりの成長、会社の成長には欠かせないものだと考えております。
ー 会社の仕事への熱意を感じますね!このようなことを常に念頭においたスタッフ達の熱意とプロ意識というものが、安全且つ安心で美味しい「食卓」に繋がっているのだと感じました。
さて、先日、御社のHPを拝見させて頂きましたが気になるワードとして、「IFA」とありました。「IFA」とは何なのでしょうか?
IFA(国際食品流通同友会)とは、関東を中心とした同業5社の共同出資会社です。海外からの食材調達にメリットのある5社が協力し、1社では買い付けが難しい食材でも5社がまとまって調達すれば、スケールメリットが生まれるという事です。
非常に結束力の強い共同体です。
ー なるほど。食材の調達にも苦難があり、御社では色々な工夫と対策がなされているのですね。また御社だけではなく、心強い4社の協力も得ることで、「安定した調達」が実現出来ているんですね。
では、御社が取り組まれているCSR活動について教えてください!
CSR=「企業が自らの事業活動により環境や社会に及ぼす影響への責任」という意味でもわが社では、平成18年より環境の国際規格である「ISO14001」を認証取得し活動をしています。具体的な活動としましては、①廃棄物の削減②ミスの削減③交通事故違反の撲滅④資源およびエネルギーの有効利用を掲げ、資源枯渇の抑制や廃棄物の発生抑制に努めています。
ー 環境問題についても真剣に取り組まれているのですね。また、交通事故、違反の撲滅や資源枯渇の抑制など、地域への貢献も素晴らしいと感じました。
話は変わりますが、 昨今、地震や台風等の自然災害が頻繁に起こっていますが、対策・対応は取られていますか?
先ずは従業員の安全確保が第一です。わが社では緊急対応手順書を作成し、有事の際はこれに基づいて行動する事としています。
また、静岡県と協定を結び、必要な場合は予め登録された食材を提供する準備もしております。
ー 災害時のマニュアルがあれば、スタッフも安心して勤務ができますね。また必要な際には食材の提供も頂けることは、これも大きな地域への貢献ですね。
それでは今、会社が一番力を入れている事は何ですか?
働き方改革です。日本の人口減少は加速の一途を辿っています。生産年齢人口も減少しています。その中で企業が成長し、永続していくためには、人が集まり、人が辞めない企業づくりだと確信しています。お陰様でわが社は2017年5月に会社設立50年目の節目を迎える事が出来ました。50年、皆さまに支えられ、成長できた事もその中心は従業員の皆さまがあったからです。
一人ひとりの成長が組織を成長させ、そして組織の成長が企業を成長させます。
より一層働きやすい環境を作る為にも、働き方改革は必須です。
ー ありがとうございます。それでは、会社としてPRしたいことがあればお願いします!
私たちの仕事は、皆さまの生活に密接に結びついています。土は食を作り、食は人の身体と精神を作ります。
人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということ「身土不二」という言葉にもあります。食を扱う企業としての責任を深く理解し、また誇りを持って邁進しております。
ー 「株式会社コーゲツ」が何をしていて、何を目標に取り組んでいるのか、大変よく分かりました。
また私たちの「食」を陰で支え、私たちの身体と精神を保つ為に欠かせない存在であるということですね。
続きまして、今度は加藤社長の事を少し教えてください。
加藤社長は何故このお仕事を選ばれたのでしょうか?
創業者である父の想いを継承したいと強く感じ、この仕事を選びました。
食の大切さを学べば学ぶほど、人生においてこれだけ影響力のあるものはないと感じます。「食」は"人"に"良い"と書きます。
文字通り、食べなければ生きる事が出来ません。既に国策としても食育を推進しています。
未来を担う子供たちの成長をしっかりとサポートしていく事が私たちの使命の一つでもあるのです。
ー 社長の「食」や「未来」に対する想いが伝わってきますね!
それでは加藤社長が今までの中で、一番記憶に残っている経験や実績を教えてください!
数年前にBSチャンネルの某テレビ局にて、わが社の開発商品「富士山型のコロッケ」を紹介させて頂きました。
とても緊張しましたが、大変貴重な経験をさせて頂きました。今でも鮮明に記憶しております。
ー TVに御社の商品が紹介されたこともあるのですね!
加藤社長が描く今後のビジョンをお聞かせください!
持続可能な経営を行う為には、地球環境に配慮した活動が欠かせないと思います。また、働く人が明るく元気に活動できる社内環境の確立も目指し、今以上に誇れる企業にしていきたいと思います。
ー 最後に皆様へメッセージをお願いします!
食の提供という重責を担う一企業として、安全、安心はもとより、健康をお届けする事が私たちの使命です。
少子高齢化の進む中、私たちは幼児から高齢者の方々の持続的な健康をサポートするべく、従業員一同邁進して参ります。
皆さまがいつまでも健康で充実した人生を送られることを願いつつ、日々努力を重ねて参ります。
どうぞ今後とも変わらぬご愛顧を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。今後のコーゲツに是非ご期待ください!
ー 加藤社長、本日はありがとうございました。以上、本日のインタビューは株式会社コーゲツ 代表取締役 加藤社長でした!